顎関節矯正

顎関節矯正

  • 顎関節症の概要

顎関節矯正

顎関節症の主な症状は、あごが痛む口が開かない、または、開けにくいあごを動かすと音がすることです。

顎関節症とは、あごを動かしている筋肉の痛み、顎関節雑音、開口障害を主症状とする障害をまとめた病名です。

 顎関節症が進行すると、顔の歪みや変形を引き起こしますので、早期の施術をお勧めします。(顎関節の動きは首の関節にも悪影響を及ぼす事がありますので昭栄鍼灸接骨院では首も同時に治療します。)

 

  • 顎関節症が起こる原因

顎関節症の痛みは側頭筋の炎症が主な原因になります。

顎関節のすきまが狭くなったり、顎の関節円板(クッション)が摩耗して顎関節の動きが制限されます。

 そのことにより、咀嚼筋(顎を動かす筋肉)にストレスがかかり痛みを起こします。

  

  • 当院での顎関節症に対する施術方法

顎関節の動きを顎関矯正により整えて、咀嚼筋(あごを動かす筋肉)のマッサージをします。(首の関節も同時に施術します。」)

 顎関節矯正

 

  • 施術回数の目安

4~20回程度

顎の変形や顎関節拘縮の進行が著しい場合は進行予防のために、一か月に一回程度の施術が必要になる場合もあります。

顎関節矯正 12,000

 

 

一覧に戻る