足の裏の痛み

足の裏の痛み

 

  • 症状の概要

足の裏が痛くて、歩くことが辛くなります

ごくまれですが、何もしていない場合の足の裏の痛みがある場合は、坐骨神経痛の可能性があります。

 転倒などでねじったり、ぶつけた場合は、捻挫や骨折が考えられます。

  • 足の裏の痛みが起こる原因

足の裏の歩きすぎや走りすぎなどで、足底靭帯(足の裏のクッション)や後脛骨筋(足の安定性に関与)、足底腱膜などが炎症を起こすことで起こります

坐骨神経痛の場合は、腰の疾患や梨状筋症候群やその他の筋肉が神経にあたったり、骨盤の歪みにより神経が引っ張られて起こります

  骨折や捻挫の場合は、腫脹や皮下出血がみられます。

  • 当院での足の裏の痛みに対する施術方法

足底靭帯炎の場合は、炎症を抑えるパルス療法とマッサージをします。

炎症がひどい場合は、テーピングをします。

坐骨神経痛の場合や腰の具合が悪い場合は、腰の椎間関節の矯正をしたり、腰の筋肉が神経にあたっている場合は、マッサージをします。

骨盤の歪みに原因がある場合は、骨盤矯正をします。

捻挫の場合は、アイシングとテーピングで固定します。

  • 施術回数の目安

4~20回程度で改善される患者様が多いです。

筋骨整体 一回2000円

骨盤矯正 一回2000円

テーピング 一回500~1000円(テーピングを使う長さにより異なります。)

 原因が明らかな足首や指の関節の捻挫の場合は、接骨院、整骨院では保険対応で施術する事が出来ます。(骨折の場合は、医師の同意書が必要になります。)

一覧に戻る