眼精疲労・目のかすみ・目が見えにくい

眼精疲労・目のかすみ・目が見えにくい

 

  • 症状の概要

目がかすむ、ぼやけて見える、ピントが合いにくい、視力低下、膜がはった様に見えるなどの目のかすみ感があります。

眼精疲労は40歳以上の人に多く、一時的な目のかすみが多いです

目のかすみが、なかなか改善しない場合は病気の可能性がある為に注意が必要です

 

  • 眼精疲労、目のかすみが起こる原因

パソコンスマートフォンなどで目の使い過ぎがかすみ目や眼精疲労の原因の一つになります。

画面を長時間見ていると、目の筋肉の緊張状態が続いて凝り固まった状態になります。

また、長時間まばたきをしないことによってドライアイになります。

 

  • 現在、症状に関連する病気

白内障、緑内障、眼底出血、糖尿病性網膜症、視神経症、視神経炎

  

  • 当院での眼精疲労に対する施術方法

長時間続く場合は、目の病気が原因になる場合がある為に、眼科で受診してください。

原因になる病気のない場合は、眼精疲労に対して鍼治療をします。

目の周りの筋肉の緊張状態を電気鍼でほぐします。

 

  • 施術回数の目安

一週間に1回程度

1~4回程度

眼精疲労鍼(鍼灸療法) 一回3000円

 

一覧に戻る