坐骨神経痛

坐骨神経痛

 

  • 症状の概要

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経が、さまざまな原因によって圧迫されて起こります

症状は、痛みやしびれ感、足のむくみなどです。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、お尻や太もも後方、足先などに痛みやしびれ感が現れます。

 

  • 坐骨神経痛が起こる原因

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になると腰部脊柱管狭窄症が増えて来ます。

腰部の神経根が圧迫されて起こります。

そのほか、骨盤周囲筋(梨状筋症候群など)が坐骨神経を圧迫されて起こるケースも多くみられ、原因不明の場合の坐骨神経痛のほとんどが該当します。

また、稀に骨盤の歪みやねじれにより、坐骨神経が牽引されて起こる場合があります。

 

    • 当院での坐骨神経痛に対する施術方法

    坐骨神経痛の治療の際に重要なことは、腰椎椎間関節または、腰部の周囲筋によるものか、または、骨盤周囲筋によるものかを見極める必要があります。

    その際に、それらの原因が合併している場合も多いので、慎重に診断します。

    治療は、骨盤が悪ければ骨盤矯正をして、椎間関節が悪ければ腰椎椎間関節を矯正をして、坐骨神経にあたっている筋肉があれば、ほぐして緩めて坐骨神経にあたらないようにします。

    • 施術回数の目安

    4~20回程度

    筋骨整体 一回2000円

    骨盤矯正 一回2000円

    筋肉の状態が悪い場合は、鍼灸療法の施術をします。

    鍼灸療法 一回3000円

    一覧に戻る